Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Change Country
Breadcumbs
Main content
Main content

AGV 「リコー 無人搬送車 M2」のカスタマイズキットNEW

お問い合わせ
AGV 「リコー 無人搬送車 M2」

AGV

リコー 無人搬送車 M2
カスタマイズキット

リコー 無人搬送車 M2のカスタマイズキット

カスタマイズキット12輪固定台車自動脱着

- 手動で行っていた牽引物の脱着を自動で行うことができます

  • 牽引式AGVを活用したカゴ車搬送業務の自動化を図ります!
  • カゴ車と自動脱着機能を搭載した牽引式AGVを自動で連結/切り離しさせ搬送させることにより、人手による作業を削減します。

    *主な対象業種:物流業・倉庫業
    *カゴ車仕様:後輪2輪固定(最大牽引重量:300kg)
  • 牽引台車にバックで近づき自動で接続
  • 任意の場所で牽引物をAGVから切り離しが可能

走行例

  • ①番地:70から前進走行を開始し、番地:71で停止した後、牽引物のあるところまでバックし、連結
  • ②連結後、番地:71はそのまま直進し、番地:72で停止した後、牽引物を切り離し、AGVのみ単独走行

仕様/制約条件

※横にスクロールできます。

牽引能力 最大牽引量 300kg(参考値:連結状態や路面状態等による)
牽引条件 連結部タイプA(イレクターパイプ台車など) 連結部タイプB(かご台車など )
牽引部高さ 床面から150mm~290mm 床面から160mm~300mm
牽引把持部
(奥行方向)
10~58mm 42~54mm
牽引把持部
(幅方向)
70mm 47mm
牽引対象物 直径26~32mmの牽引部をもつ台車等 奥行50mm程度のL字鋼を用いたかご車等
最小旋回半径 R1,500mm
牽引物最低重量 15kg以上
牽引物車輪構成 後輪2輪固定タイプ
※牽引物の接続部:検証/事前打ち合わせ:要
脱着時経路制約 ・脱着時にAGVの姿勢が直線に対して傾きがないこと
・脱着位置より1m以上の直進経路を設けること
安全対策 牽引走行時に牽引対象物が外れたことを検知(検出スイッチOFF)したら、その場停止

カスタマイズキット24輪フリー台車潜り込み

- 台車の中へAGVが潜り込むことにより、狭い通路でも走行できます

  • 潜り込み式AGVを活用した台車搬送業務の自動化を図ります。
  • AGVに高さを合わせた台車と電動ピンを搭載した潜り込みAGVを自動で連結/切り離しさせ、搬送させることにより、人手による作業を削減します。

    *主な対象業種:製造業
    *台車仕様:4輪フリー(最大牽引重量:60kg)
  • 牽引棚車に潜り込み、後方左右のピンを上昇させ、棚車と連結し、棚車と一体で走行
  • 任意の場所で牽引物をAGVから切り離し

走行例

  • ①番地:70から前進走行を開始し、.番地:71で停止した後、後方左右のピンが同時に上昇して連結
  • ②連結後、番地:72で停止した後、後方左右のピンが同時に下降して切り離し、AGVのみ単独走行

仕様/制約条件

※横にスクロールできます。

牽引能力 最大牽引量 60Kg(参考値:連結状態や路面状態等による)
※重り(有償)の搭載により、約120kgまでの走行検証済み
牽引条件 連結部高さ 床面から495mm
連結部位置(奥行方向) 2本共に前方から550mm(前方バンパーは含めない)
連結部位置(幅方向) それぞれ外側から60mm
最小旋回半径 R600mm
牽引物キャスタ 4輪フリータイプ
連結時経路制約 ・連結時にAGVの姿勢が直線に対して傾きがないこと
・連結位置より1mの直進経路を設けること
棚車設置位置(進行方向) 所定位置より±50mm以内(ただし、棚車形状による)
棚車設置位置(幅方向) 所定位置より±50mm以内(ただし、棚車形状による)
安全対策 ピンの動きが妨げられ、過電流を検知した場合、停止する

カスタマイズキット3後進走行/後方安全対策機能

- 直進ルートの場合において、後進走行が可能となります

走行例

  • ①番地:70から前進走行を開始し、進行方向・右側の番地テープを読み取り、番地:71で停止する
  • ②その後、バック走行を開始し、進行方向・右側の番地テープを読み取り、72番地で停止する

仕様/制約条件

※横にスクロールできます。

後進条件 走行ルート 直線ルートのみ(直線に対してAGVの姿勢に傾きがない状態で後進を開始すること)
後進速度 22.5m/分以下(初期値15m/分)
後進走行精度(AGV単体) 左右方向:80mm幅
後進停止精度(AGV単体) 前後方向:±15mm
後進用番地テープ 後進方向右手側に設置(相対番地のみ対応)
コースアウト 自律探索動作を実施せず、即停止
※積載、牽引時の後進走行精度は未評価となります(保証外)
安全対策 ・後方バンパー:後方バンパー接触時、その場に停止
・後方障害物サブセンサー:障害物検知時、障害物検知状
  • ※AGV-M2標準モデルは、「JIS D6802 無人搬送車システム安全通則」に準じた安全性を確保しております
  • ※後進機能を有する場合、後進側にもバンパー装置の安全対策機能が必要となります
  • ※当該装置の後進時の安全確保は、お客様の責任の下、お客様の判断で実施願います
  • ※表示灯を設置してください、表示灯がないモデルの場合、お客様にてご対応をお願いします

カスタマイズキット4Li電池+非接触充電

- 人手で行っていた”充電”の自動化で活人化および安全性の向上を実現します

  • バッテリーを鉛電池からリチウム電池に変更し、非接触自動充電システムを搭載します。
  • 従来の手作業によるバッテリー交換や、充電ステーションに移動しての充電方法とは異なり、通常のライン稼働中のちょっとした停止時間を用いて、チョコ充電を繰り返し行います
  • ※AGV単体走行時以外の停止精度、走行精度は保証外です
  • ※AGV単体走行時以外のワイヤレス給電は非推奨です

カスタマイズキット5設備連携/エレベーター連携/防火扉連携

- PLC活用によりAGVとの連携を図ります

  • 設備連携: PLCからの指令を受け、AGVへの走行/停止指示を行います
  • エレベーター連携:AGVとエレベーター制御盤(改造要)が同期し、AGVがエレベーターへ自動乗降します
  • 防火扉連携:AGVが防火扉を通過中に防火扉が作動した時、防火扉に挟まれないような対応です
  • ※各連携において、制約/前提条件があるため、詳細仕様についてはお問い合わせください

カスタマイズキット6外部出力制御

- 空き端子台に外部デバイスを接続し、指定時間AGV内のリレーをONにする機能になります

走行例

  • ①番地71で一時停止し、予備出力ポート1を指定時間の間ON(例:電動ピン上昇)、その後走行再開
  • ②番地72で一時停止し、予備出力ポート2を指定時間の間ON(例:電動ピン下降)、その後走行再開
  • ③番地73で停止
  • 本製品の価格・料金については、販売担当者にご確認ください。

Webでのお問い合わせ

本製品に関するお問い合わせやご相談、御見積依頼につきましては、こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

カタログダウンロード

製品カタログは以下からお進みください。

商品カタログ