Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
  • HOME
  • リコー 無人搬送車 M2
Main content
Main content

AGV 「リコー 無人搬送車 M2」

お問い合わせ
AGV 「リコー 無人搬送車 M2」

AGV

リコー 無人搬送車 M2

カンタン導入!カンタン工程変更!
光学式AGVのため、走路は市販の黒色ビニールテープでOK!

AGVとは?

Automated Guided Vehicle の略称であり、床面のテープを認識しながら走行する無人搬送車です。主に工場/倉庫内で物品の搬送を行なう装置のことで、構内物流の無人化/省人化に貢献します。

画像:AGVとは?

リコーのAGV
「リコー 無人搬送車 M2」について

  • 一般的な磁気式ではなく光学式を採用。市販の黒色ビニールテープを利用した画像認識誘導方式で走行することで、手軽かつ低コストに走路設定ができます。
  • 運行指示データは、AGV搭載タブレットPCに直接入力、もしくは手持ちのPCで作成し、CSVファイルで取り込み可能なため、誰でも簡単に作成できます。
  • 90度/180度のターンが可能なため、設備の動かせない狭い場所でも小回りを利かせて走行できます。

黒色ビニールテープを読み取り、画像認識技術で走路を判断する。

AGVの走路変更に苦労されていませんか?

リコーの複写機の製造ラインは変更が多く、従来の磁気式AGVでは走路変更のたびに磁気テープを貼り替える必要があり、大きな手間とコストがかかっていました。この課題を解決すべく、リコーの画像認識技術を活かして開発されたのが光学式AGV「リコー 無人搬送車 M2」です。市販の黒ビニールテープを床に貼ることで走路を設定できるため、低コストかつ手間もかかりません。

Before:従来の磁気式AGV

磁気テープにコストがかかる
(1,000円/m 幅50mm)
レイアウト変更が頻繁にあり、磁気テープの貼り替えが大変
プログラム設計が大変で、専門家に依頼しないといけない
動かせない既存設備があって、通路が狭いところを運搬したい

After:
リコー 無人搬送車 M2

ビニールテープでコストダウン
(5円/m 幅20mm)
レイアウト変更はビニールテープの貼り替えで簡単に
PCで運行指示もスムーズに!導入~運用がラクラク
90度/180度ターン/クロス走行で狭い場所も運行可能

社内実践効果:リコー工場室内実践事例
走路500mの場合

※横にスクロールできます。

従来の磁気式AGV リコー 無人搬送車 M2
テープ代500,000
  +  
初期走路敷設費用250,000

750,000円
コスト
96%減
テープ代2,500
  +  
初期走路敷設費用25,000

27,500円
50時間
設置時間
90%減
5時間
  • ※ビニールテープ:5円/m 幅20cm
  • ※磁気テープ:1,000円/m 幅50cm
  • ※設置に掛った人件費:5,000円/時間
  • 本製品の価格・料金については、販売担当者にご確認ください。

Webでのお問い合わせ

本製品に関するお問い合わせやご相談、御見積依頼につきましては、こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

カタログダウンロード

製品カタログは以下からお進みください。

商品カタログ