Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content
Main content

FV-L200B1

画像1:FV-L200B1

画像2:FV-L200B1

プリプロセッシング機能を搭載した
2M Camera Link™

概要・特長

液晶ガラスの加工前の位置決め、基板実装装置のパーツのチェックまたは実装検査、自動車部品のキズ検知、錠剤検査など、多様な検査用途に幅広く対応します。

  • 高速フレームレート 2M:15fps
  • 業界最小レベル 28mm×28mmの超小型CCDカメラ
  • 高解像度デジタルカメラのインターフェースとして実績のある PoCL(Power over Camera Link)を採用
  • ゲイン、シャッターの自動制御機能をカメラ側に搭載
  • 各種トリガーモード(パルス幅、エッジプリセットトリガー)標準装備
  • カメラ内でルックアップテーブルによる画像処理が可能
  • M4規格のネジ穴を上下左右4面に配置
    取り付け精度の向上を図る高剛性な筐体
  • 外部電源は、PoCL または外部からの供給も可能
  • 露光と照明発光のタイミングを任意に調整できる《 ストロボ信号出力 》
    [対応カメラ]FV-L200B1、FV-L030B1、FV-G200B1、FV-G030B1

照明発光用のストロボ信号出力(LVCMOSレベル)機能を搭載しています。この機能を利用することで、カメラへのトリガー入力信号に応じて、カメラの露光タイミング(遅延、時間)と照明発光のタイミング(遅延、時間)を任意に調整することが可能です。

画像:露光と照明発光のタイミングを任意に調整できる《 ストロボ信号出力 》

外形寸法図

画像:外形寸法図

製品仕様

撮像素子 1/1.8型 UXGA プログレッシブ モノクロCCD
映像出力有効画素数 UXGA:1620(H)×1236(V)
セルサイズ 4.4(H)×4.4(V)μm
垂直周波数(フレームレート) 3.8599(3.8fps)/ 7.7198(7.6fps)/ 15.4397(15.3fps)Hz
パーシャル・フルスキャン時(デフォルトスキャンモード設定)
水平周波数 4.794(3.8fps)/ 9.588(7.6fps)/ 19.176(15.3fps)kHz
画素周波数 9.2045(3.8fps)/ 18.4091(7.6fps)/ 36.8181(15.3fps)MHz
最低被写体照度 0.1lux at F1.2
同期方式 内部同期
映像出力 8/10/12bit Raw Data(Baseコンフィグレーション)
シャッタースピード OFF, 1~1/30,000秒(任意H and CLK単位)(3.8fps)
OFF, 1/2~1/60,000秒(任意H and CLK単位)(7.6fps)
OFF, 1/4~1/120,000秒(任意H and CLK単位)(15.3fps)
ゲイン 0~27dB
電源 入力電圧 12Vdc ±10%
消費電力 3.0W以下
外形寸法 28(W)×28(H)×40(D)mm ※コネクター含まず
レンズマウント Cマウント
質量 約43g
動作環境 動作温度 -5~50℃
保存温度 -30~65℃