Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
  • HOME
  • 環境発電技術(エネルギーハーベスティング)
Main content
Main content

固体型色素増感太陽電池

環境発電技術(エネルギーハーベスティング)

画像:振動モニタリングシステム RICOH AP-10F / AP-SH05

さまざまなものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)社会の進展に向けて、周辺環境に存在する光や熱、振動などから発電する環境発電(エネルギーハーベスティング)、充電を必要としない自立型電源が求められています。
中でも、太陽電池は光があればどこでも発電できることから有望視され、室内光のような微弱な光においても良好な発電性能を示す色素増感太陽電池は次世代型太陽電池として注目されています。
リコーは複合機の開発で培った有機感光体の技術を応用し、低照度の室内光から発電する固体型色素増感太陽電池を開発しました。

具体的な活用例

各種センサー・リモコンなどの電池として搭載  ※開発中
(電池交換不要)

マルチセンサー(温度・湿度・照度・気圧など)

環境センサー
(温度・湿度・照度・気圧など)
17mm×19mmサイズ搭載

リモコン(プロジェクター用)

リモコン
(プロジェクター用)
28mm×32mmサイズ搭載

製品ラインアップ

RICOH EH DSSCシリーズの主な仕様

製品名

RICOH EH DSSC5284

RICOH EH DSSC2832

RICOH EH DSSC1719

大きさ

52 mm × 84 mm

28 mm × 32 mm

17 mm × 19 mm

最大出力(Pmax)min.

230 μW

40 μW

11 μW

開放電圧(Voc)typ.

5.4V

最大出力動作電圧(Vpmax)typ.

4.5V

最大出力動作電流(Ipmax)typ.

51 μA

8 μA

2 μA

素材

ガラス

厚さ

1.4mm

使用場所

室内

電気特性条件:白色LED 200lx、気温25℃ ※各製品の発売時期は、販売担当員のお問い合わせください。

既存電池をRICOH EH DSSCへ

コイン型電池などで動作しているIoTデバイスへ、電池交換不要で電力供給が可能になります。
機器の使用環境・使用頻度によって構成が異なります。詳しくは、販売担当者にご確認ください。