Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
Main content

サポート

FAQ (よくあるお問い合わせ)

RECO-Viewプリンター対応印刷サーバー RFID IO Connect Hub I


01 RFID IO Connect Hub Iとは何ですか?

これまでのRP-Kプリンターへのシステム接続の手間を改善する、プリントサーバーの役割を果たすハードウェアです。


02 RFID IO Connect Hub Iで何が出来るのですか?

基幹システムなどの上位システムから、印刷データをCSV形式で受け取り、帳票オーバーレイして印刷することができます。また接続されたプリンター状態を監視するモニター、印刷結果・エラーなどのログを取得することができます。


03 RFID IO Connect Hub Iはソフトウェアですか?

提供形態はハードウェア一体型のソフトウェアです。


04 RFID IO Connect Hub Iとプリンター、RECO-Viewがあればすぐに使い始めることはできるのですか?

プリンター接続用のUSBケーブル(A-Bタイプ)、LAN環境(ケーブル)および帳票データを作成するためのRICH Form NavigatorとそれをインストールするPCが必要です。
また、RFID IO Connect Hub Iにはキーボード、マウス、モニタが付属しておりませんので別途ご用意ください。


05 印刷する仕組みはどのようになりますか?

RFID IO Connect Hub I上にプリンターを紐付けした監視フォルダーを設定し、帳票フォーマットをアップロードします。監視フォルダーに、基幹システムから印刷データをテキスト(CSV形式)で投入することで、印刷が実行されます。


06 帳票フォーマットはどうやって作成するのですか?

RICH Form Navigator (帳票オプションソフト)にて、GUIで作成が可能です。


07 RICH Form Navigatorライセンスの考え方は?

RICH Form Navigatorはフローティングライセンスとなります。


08 RFID IO Connect Hub IのOSは何ですか?また、対応するプリンターの機種は?

OSは、Windows® Embedded Standard 2009となっております。
対応プリンターはRECO-View 対応プリンター RP-K シリーズおよび三和ニューテック製SRP-3102に対応します。


09 RFID IO Connect Hub Iは保守はありますか?

購入後1年間(保証書に記載されている保証開始日から12ヶ月)は無償保証期間とさせていただきます。(センドバック対応)

  • 但し保守オンサイトプラス(初年度)契約のお客様は故障機交換、セッティング、故障機回収をオンサイトで行います。

保証期間終了後の保守
①スポット保守
・センドバック修理対応
②年間保守サービスパック契約機
・オンサイト故障修理対応

故障の都度、お客様からの依頼によりCEが訪問し、故障機交換、セッティング、故障機回収を行います。


10 RFID IO Connect Hub Iをネットワークに接続します。セキュリティ対策はどのようにしたらよいでしょうか?

OSのファイアーウォール機能は出荷時有効になっています。
ウィルス対策ソフトウェアはインストールされていません。お客様の運用に際して、インストールを望まれる場合は、お客様責任で導入をお願いいたします。