Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
Main content

ソフトウェアダウンロード

作業支援カメラシステム用ファームウェア

登録・更新日 2017/11/23 更新
圧縮ファイル名 sc-10_3_0_1.zip
バージョン 3.0.1
ファイルの容量 124MB
著作権の所在 リコーインダストリアルソリューションズ株式会社
転載条件 転載禁止
対応機種 RICOH SC-10シリーズ
アップデート方法 ダウンロードしたファイルは、zip形式に圧縮されておりますので、解凍が必要です。
dat形式に解凍後、使用説明書の「12.リカバリー/アップデート」の項(P.86)を参照してアップデートして下さい。
使用説明書(Ver3.0.0)(PDF:2.99MB)

ソフトウェア使用許諾契約書について

  • 本ソフトウェアをご使用になる前に、必ず、下記の「ソフトウェア使用許諾契約書」に記載の契約条件をお読み下さい。
  • お客様が本ソフトウェアをご使用になるには、あらかじめ「ソフトウェア使用許諾契約書」に同意いただくことが必要です。
  • なお、お客様が本ソフトウェアをダウンロードしまたはご使用を開始された時点で、お客様が「ソフトウェア使用許諾契約書」に同意し、当社(リコーインダストリアルソリューションズ株式会社)との間で下記内容による「ソフトウェア使用許諾契約書」が成立したものとさせていただきます。
  • また、本ソフトウェアには、オープンソースソフトウェアが含まれていますが、かかるソフトウェアは、以下の契約条件の対象とはなりません。オープンソースソフトウェアの使用条件については、製品に同梱されているDVDに収録されているドキュメントをご使用前にご確認ください。
  1. ソフトウェア使用許諾契約書
  2. この契約書(以下「本契約」といいます。)は、リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(以下「当社」といいます。)がお客様(以下「使用者」といいます。)に対し、本ソフトウェアの使用を許諾する条件を定めたものです。
  3. 1. 権利の許諾
  4. 当社は、本契約に従い、本ソフトウェアに関する非独占的かつ譲渡不能な使用権を使用者に許諾します。
  5. 2.使用権
  6. (1) 使用者は、当社指定の当社製品を利用するために、使用者が保有する単一のコンピュータシステム(以下「指定機械」といいます。)上において、本ソフトウェアを使用することができます。
  7. (2) 使用者は、営利目的を含むいかなる目的においても、本ソフトウェアを譲渡し、貸与し、頒布し、公開し(公衆送信、送信可能化を含む)、その占有を移転しまたは使用を許諾することはできません。
  8. (3) 使用者は、指定機械上での使用を目的とする本ソフトウェアの保存またはバックアップ以外の目的のために、本ソフトウェアの複製を行うことはできません。
  9. (4) 使用者は、いかなる場合においても本ソフトウェアを、逆コンパイル、逆アセンブリ、解析、改造、分解、改ざんを行うことはできません。
  10. (5) 使用者は、日本国政府または該当国の政府より必要な許可等を得ることなしに、本ソフトウェアの全部または一部を、その形態の如何を問わず、直接または間接に輸出しまたは日本国外に持ち出してはなりません。
  11. (6) 使用者は、使用者の従業員等(雇用関係等に基づいて使用者が管理・監督する責任のあるもの)に対して本ソフトウェアを使用させるにあたり、該当者へ本契約に定める義務を十分に理解させ、忠実にその義務を履行させるものとします。
  12. (7) 使用者は、本契約により許諾された本ソフトウェアの使用権を、第三者に譲渡しまたは承継させることはできません。
  13. 3.本ソフトウェアの権利
  14. 本ソフトウェアおよびそれを複製したものの著作権その他の一切の権利は、当社または権利を保有する第三者(以下「原権利者」といいます。)に帰属します。使用者は、本ソフトウェアおよびそれを複製したものから権利を表象する表示を取り除きまたは書き換えることはできません。
  15. 4.当社および原権利者の免責
  16. (1) 当社および原権利者は、本ソフトウェアが使用者の特定の目的のために適当であること、もしくは有用であること、または本ソフトウェアに瑕疵がないこと、その他本ソフトウェアに関していかなる保証もいたしません。
  17. (2) 当社および原権利者は、使用者が本ソフトウェアを使用することによって発生した直接的、間接的もしくは波及効果による損害、データ・プログラムその他無体財産に対する損害、使用利益および得べかりし利益の損失等に対し、いかなる場合においても一切責任を負いません。
  18. 5.第三者に対する責任
  19. 使用者が本ソフトウェアを使用することにより、第三者との間で、権利侵害を理由とする紛争等を生じた場合は、使用者自身が自らの費用で解決するものとします。
  20. 6.契約期間および解除
  21. (1) 本契約は、使用者が本ソフトウェアの使用を開始した日に発効し、使用をやめるときまで有効とします。
  22. (2) 前項にかかわらず、当社は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合には、直ちに本契約を解除し、それによって被った損害の賠償を請求できるものとします。
  23.   ① 本契約のいずれかの条項に違背した場合
  24.   ② 差押え、仮差押え、仮処分、競売等公権力の処分を受け、または、民事再生手続開始、破産手続開始、会社更生手続開始の申し立て(なお、使用者が個人事業主の場合は、当該個人に係る個人再生、破産の開始申し立てを含む)を受け、もしくは自ら申し立てたとき。
  25.   ③ 使用者が合併または解散したとき(なお、使用者が個人事業主の場合は、当該個人が死亡しまたは失踪宣告を受けたときを含む)。
  26. 7.契約終了後の義務
  27. 使用者は、本契約終了または解除後直ちに、使用者の費用負担と責任において、本ソフトウェア(複製したものを含む)を第三者が使用できない状態に破壊のうえ廃却するものとします。
  28. 8.その他
  29. (1) 本契約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
  30. (2) 本契約に関して生じた使用者と当社の間の一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

  31. 以 上

※クリックしても反応がない場合「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んでください。