Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
  • HOME
  • 産業機器リモートサービス RICOH Open Remote Services
Main content

産業機器リモートサービス RICOH Open Remote Services

リコーの培ったS&Sなどの社内実践モデルを「リモート監視サービス」としてご提供することにより、機器状態の可視化や新たなビジネスモデルの構築にお役立ちします。

リコーグループは提供価値を「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」と定め、従来の一般オフィスからワークプレイス(働く場所)へ、さらには社会へと価値提供領域を拡大するとともに、仕事をデジタル化し、データをインテリジェンスに変換することで顧客の「知の創造」を支援します。

「RICOH Open Remote Services」は、この「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」を具現化するサービスとして位置づけます。

機器製造業にリコーの様々な強みを組み合わせ、機器のリモート監視、ログデータ活用、保守サービスなど、お客様の新たな事業展開に貢献します。

IoTで変わる産業のカタチ

従来型の多くのメーカーは、全ての工程を垂直統合していました。しかし、BPOやシェアードサービスの台頭により、ファブレス化やアウトソーシングなど業務単位で企業から切り離すことが進んでいます。IoTによりこのトレンドはさらに加速し、垂直統合されていたメーカーの業態は水平分業になっていきます。
一方、お客様先でも製品・サービスを所有することから、レンタルやリース、さらには利用に応じて費用を負担するような形態への変化が進んでいます。

画像:IoTで変わる産業のカタチ

RICOH Open Remote Servicesの目指すもの

現在、機器製造業では、各社が機器の利用顧客との接点を強化・改善することで新たなビジネスモデルの構築へと動いています。IoTやBig Dataなどのキーワードが先行し、手段としての機器接続からデータ解析などのツールが各社から提供されてきていますが、「実際にどのようなメリットが生まれるのか?」「どう対応していけばいいのか?」「どのような問題や課題が発生するのか?」が見えていないケースが見受けられます。
リコーは、世界中のオフィスで接続している複合機で培ってきた、機器データの活用ノウハウを「RICOH Open Remote Services」という形でお客様に提供することで、お客様の価値を最大化する支援を実施します。

画像:RICOH Open Remote Servicesの目指すもの

RICOH Open Remote Servicesのご紹介

RICOH Open Remote Servicesの特長

  • 「RICOH Open Remote Services」のプラットフォームをクラウドでご提供し、機器の状態や利用状況を確認できます。
  • 機器にエラーが発生した際には、アラート情報を機器メーカー様に、すぐに通知します。
  • 蓄積した機器のログ(BigData)を再利用して、予兆管理などさまざまな分析に生かすことができます。

画像:RICOH Open Remote Servicesの特長

システムの概要

RICOH Open Remote Servicesでは下記構成でサービスを提供いたします。

画像:システムの概要

課題解決事例

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム