Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
Main content

RT Font(スケーラブルフォント)

エレメント方式フォント RT Font(スケーラブルフォント)

低容量・多言語対応のスケーラブルフォント

  • 低容量
  • 多言語
  • サイズ自在
  • 太さ自在

ポイント

主に組込み機器に採用されているRT Font!
その理由は?

  • 低容量で実装可能
  • 多くの言語に対応
  • OpenVGに対応

アウトラインフォントなのに低容量を実現、レイアウトが自由、輪郭が滑らかでサイズばかりか太さも変更できます。
中国語簡体字、繁体字、韓国語、タイ、アラビア語など多数の外国語に対応しております。
専用のラスタライザーを導入していただければOSに依存することなくご利用いただけます。
そのため、組込み機器に適したフォントです。
展開速度資料、ワークメモリーの容量に関する資料もございますので、詳しくは弊社までお問い合せください。

お問い合わせ

RT Fontの概要

スケーラブルフォントとは

RT FontはTrueType フォントと同じアウトラインでできたフォントですので、なめらかに拡大、縮小ができるスケーラブルフォントです。

ビットマップフォントも物理的に拡大、縮小はできますが、拡大するとギザギザになり、縮小すると文字が見えなくなってしまいます。ですからビットマップフォントの場合は、最初から最適なサイズを選んで表示しなければなりません。


低容量フォント

RT Fontはエレメント(部品)方式でできたアウトラインフォントです。

MS明朝/MSゴシックに代表されるTrueType フォントはフルアウトラインで構成され、1文字毎にすべての情報を持つためにデータ容量は大きくなります。また、サイズ変更はできますが太さは変えられません。

その点、エレメントでできたRT Fontですと、「横線」「縦線」「右払い」などの共通のエレメントですべての文字を表現しますので、データ容量を抑えることができます。その上、サイズばかりでなく太さも自在に変更できます。

エレメントの組み合わせによる文字構成


専用ラスタライザー

リコーのRT Fontは

  • フォントデータ
  • ラスタライザー

で構成されます。

ラスタライザーは要求された文字のデータをフォントデータから抽出し、要求されたサイズ、形式でビットマップデータに展開します。
このラスラタイザーをお客様の製品のファームウェアに組込んでいただくことでご利用いただけます。


ラスタライズの概要

ラスタライザーは、要求された文字を、以下の順序でビットマップデータに展開します。

(1) 指定された文字のユニット構成リストを参照します。
(2) 利用されているユニットを参照します。
(3) ユニットに利用されているエレメント情報を参照します。
(4) 構成リストに基づきユニットとエレメントを配置します。
(5) エレメントの中を塗り潰してビットマップデータを出力します。

エレメント方式フォントのデータファイル
エレメント方式フォントのデータファイル


リコーの「RT Font」の特長

低容量で実装可能

エレメント(部品)の組合せによる文字表現方式により、データ容量を大幅圧縮!
日本語フォント(CP932、7,990文字)を最小約360KBで実装できます。
※データ容量は書体により異なります。


多くの言語に対応

英語やフランス語などの欧州言語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、タイ語、アラビア語、ヘブライ語、ベトナム語、ヒンディー語にも対応!


OpenVGに対応

リコーのRT FontはOpenVG1.1のAPIに対応したラスタライザーおよびレイアウトエンジンもご用意しております。

◇構成

●レイアウトエンジンなし

画像:レイアウトエンジンなし

●レイアウトエンジンあり

画像:レイアウトエンジンあり

◇速度比較

CPUの占有時間を大幅に削減し、高速描画を実現します。

※比較は弊社評価基準によります。

画像:OpenVG版とソフトウェア版の速度比較


多彩な修飾機能

グレースケール描画をはじめ、縁取り機能、回転機能、斜体機能、ウェイト調整機能等、多彩な機能を装備!


NEW

キャッシュ機能

描画した文字画像(展開文字データ)をメモリに保持し、次回の描画時はラスタライズせずにメモリから直接呼出し、高速に描画することができます。


描画モード選択

直線に対してグレースケール描画をしない「くっきりモード」と直線に対してもグレースケール描画する「なめらかモード」を選択できます。

くっきりモード

画像:くっきりモード

なめらかモード

画像:なめらかモード


線幅保持機能(くっきりモードのみ)

縦長、横長で表示した場合でも縦線横線の線幅のバランスを保ち、文字デザインを崩さず表示できます。

画像:線幅保持機能(くっきりモードのみ)


ビットマップフォント置き換えによる極小サイズ表示対応

10、12ドットのような極めて小さなサイズでは、サイズ毎に字形が最適化されたビットマップフォントを搭載することで可読性を損ないません。

※ビットマップ置換え機能を利用する場合は、ビットマップ搭載分のデータサイズが必要になります。

ビットマップ搭載例(12×12ドット時)

画像:ビットマップ搭載例(12×12ドット時)


縁取り文字

展開文字データを縁取り文字へ変換し、背景色(画像)との親和性を高めます。
縁取り線幅の調整も可能です。(以下の表示例の文字サイズは32x32ドットです。)

縁取り線幅1ドット

画像:縁取り線幅1ドット

縁取り線幅2ドット

画像:縁取り線幅2ドット

縁取り線幅3ドット

画像:縁取り線幅3ドット


回転

展開文字データを1度刻みに回転させることができます。
(以下の表示例の文字サイズは32x32ドットです。)

画像:回転


斜体

展開文字データを1ドット刻みで、フォントの上部をずらすことができます。
(以下の表示例の文字サイズは32x32ドットです。)

画像:斜体


ウェイト調整

一つのフォントデータのみで、ソフト的に線の太さ(ウェイト値)を調整します。

画像:ウェイト調整

関連製品

充実のサポート フォントに関するご相談、新規政策、カスタマイズなどしっかりサポートいたします。

フォント製品カタログ(日本語版、英語版)のダウンロードはこちらから。

カタログダウンロード

フォントお問い合わせ

電話でのお問い合わせ (TTWインフォメーションセンター)

045-477-1639 受付時間 : 月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00 土・日・祝日および弊社休業日を除く

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • ・見積もりが欲しい
  • ・実機で試して見たい
  • ・もっと詳しく知りたい

メールでのお問い合わせ

font-info@rins.ricoh.co.jp