Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

RICOH SC-10シリーズ 特長

特長

事前に登録した正しい作業結果の画像と現在の撮影画像を比較し、作業状況に間違いがないかチェック。作業ミスを防ぎます。

RICOH SC-10シリーズは、パターンマッチングにより、類似部品や欠品、作業順序などの組み立て状況を作業途中に自動でチェック。部品のシリアルナンバーや作業時間などの実績や作業結果の画像を記録できるため、作業分析やトレーサビリティーにも活用できます。


画像認識で作業ミスを防⽌する3つの⼿法

① 画像(マッチング)認識

類似部品チェック

画像:類似部品チェック

作業順序、欠品チェック

画像:作業順序、欠品チェック

バーコードの文字列チェック

画像:バーコードの文字列チェック
  • 別途USB接続のバーコードリーダーが必要です。

② 色認識

部品を色でチェックし、組付け方向の間違いや類似部品の取付けの間違いを抑止します。

画像:部品を色でチェックし、組付け方向の間違いや類似部品の取付けの間違いを抑止します。

③ 質感認識

部品に同系色のシール/不織布を貼り付ける工程では、質感で作業チェックすることもできます。

画像:部品に同系色のシール/不織布を貼り付ける工程では、質感で作業チェックすることもできます。

オールインワンで簡単運⽤

モニター表示と作業指示の流れ

画像認識と作業指示が連動。作業が間違っていると次工程に進めない。

外部I/Oにより外部機器との連携を実現。

画像:外部I/Oにより外部機器との連携を実現

* Programmable Logic Controller


現場のIT化をサポート

作業実績をCSVやJPG のデータで記録。改善が必要な作業の分析もできます。

画像:外部I/Oにより外部機器との連携を実現

作業日時、作業時間、シリアルナンバー、作業結果の画像などを
SDカードやネットワーク上の共有フォルダに記録。