Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 – 産業向け製品サイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs
Main content

ピッキングシステム

RICOH RLシリーズ

リコー独自の3D認識技術とロボット制御技術などを組み合わせることで10mmサイズ角の小型部品をはじめ、さまざまなサイズの部品をピッキングから組み付けまで自動化することを実現しました。
これにより、複数台のロボットや人による作業を1台のロボットに置き換えることが可能になります。
また、2D(輝度)の形状認識と3D(視差)の位置計測を自動で切り替えることが可能なため、部品の正確な位置をすばやく計測でき、連続的にピッキング作業を行えます。
さらに、プリント基板(PCB)へ挿入の難易度が高いリードのある電子部品などでも、挿入を自動化することができます。
電子部品業界、自動車部品業界をはじめとする、今まで自動化が難しいとされていた生産ラインを持つ業界に向け販売を開始するとともに、基板実装業界にはPCB後工程全体の自動化ソリューションを展開し、コスト削減と生産性の向上をご提示します。

画像:RICOH RLシリーズ(ピッキング)画像:RICOH RLシリーズ インサータシステム

RICOH RLシリーズ ピッキングシステム / インサータシステム

1. 高精度、高速ピッキングを実現

人のオペレーションなしで3D(視差画像)の位置計測と2D(輝度画像)の形状認識を自動で切り替える事が可能なため、部品の正確な位置をすばやく計測でき、連続的にピッキングから整列・配膳作業を行えます。
専用の高輝度LED 照明でランダムパターンを照射することで、ワーク毎のパターン設定が不要かつ動作を止める必要がないため、ピッキングの効率が向上します。
部品のピッキングタクトは、平均3-4秒と、人による作業と同レベルの速さを実現しました。

※ワークにより、多少変動します。

2.さまざまな部品に対応

450mm-1200mmという幅広いワークディスタンスを実現しました。調整範囲が大きく大型部品から小型部品に対応可能です。
豊富な電子部品の取扱い実績を活かし、独自の3Dライブラリーシステムを構築しました。登録ワークについて自由にマスター画像が作成でき、現物を撮影してデータを作成する必要がありません。

3.複数台の一括制御が可能

PC1台で複数のピッキング装置を制御することができるため、装置台数を増やしても1ソフトで対応可能なため、増設コストを抑制できます。

<主要仕様:ピッキングシステム>

項目 基本仕様
製品名 RICOH RLシリーズ(ピッキング)
ロボットシステム単体サイズ 1,100mm(W)×1,250㎜(D)×1,850㎜(H)
ロボット 垂直多間接6軸 3~5kg
ステレオカメラ RICOH SV-M-S1
高輝度LEDプロジェクタ RICOH SL-M-LE-05、RICOH FP-CALE1-0
パソコン FD20400
ワークディスタンス 450㎜~1,200㎜
ピッキングタクト 平均3~4秒
最小ワークサイズ 10㎜角
2D,3D処理 自動切換え(2D単眼、3D複眼)
整列配膳の方向・極性チェック オプション(カメラ RICOH G800)
トレーフィーダユニット オプション

4.リードのある電子部品も自動挿入可能

バラ済みされた小型電子部品のピッキングが実現されることにより、トレーやスティックへの部品の整列、収納が可能となり、部品供給からプリント基板(PCB)への挿入プロセスも自動化が可能です。

<主要仕様:インサータシステム>

項目 基本仕様
製品名 RICOH RLシリーズ
ロボット 直交、スカラ、垂直多間接6軸
部品供給方式 トレーMAX:50段、スティックMAX:10段
対象基板サイズ MAX:250mm×350mm MIN:100mm×100mm
対象部品 コネクタ、リレー、電解コンデンサ(基板自立型)、トランス
※特殊ハンド仕様:コイル、ヒートシンク、フィルムコンデンサ
部品挿入精度 0.1mm以内
挿入ヘッド・把持方式 1~2ヘッド、並行・3つ爪・吸着チャック ※自動ハンドチェンジ機能あり
認識ユニット 基板認識用途:FV-G030B1 部品認識用途:FV-G200B1
付属ソフトウェア 制御プログラム/稼動管理アプリ
パーツライブラリ管理ツール